今まで福岡を一度も出たことがなかったロッタが驚きのアメリカ進出!これからどうなることやら・・・
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
中欧の旅 -ウィーン編-
2009-03-16 Mon 04:16
チェコ組プロジェクト終了日に夫とプラハ空港で合流し、
その後ウィーン→プラハと旅する為、まずは1人でプラハへ向かいました。
DCからプラハへの直行便はなく、フランスのシャルルドコール空港での乗継が必要で、
乗継時間が1時間弱、その間に入国手続き、ターミナルの移動、搭乗チェック、
とっても慌しい上に極度の方向音痴、更には言葉も不自由ときていて、
まさにロッタの・・・って感じでした。
それにしても’シャルルドコール’を、よく制覇したものだと我ながら驚きです。
この空港、もの凄~く広いのです。
ターミナルの移動は1つなのですが、歩けど歩けど目的地へたどり着かず、
ここでは↓の矢印は、まっすぐ進むを意味するらしく、
それを知らずに、また、上手い具合に下に降りる階段があったりするので、
2回ほど下に降りたり・・・大変でした。

プラハ空港で無事に夫と合流し、今度は列車に乗って、ウィーンへ移動しました。
移動に次ぐ移動の私、時差に弱くチェコ組プロジェクトで疲れ気味の夫、
その日は宿に着き、シャワーを浴びると夕食を摂らずに就寝してしまいました。
ここのところよく旅に出かけている私達、
夕食の前に一旦宿へ戻り、シャワーを浴びて疲れを取って出かけるという
スタンスが定着しているのですが、この旅では、夫がこのまま就寝してしまうという事態が、
3日間続き、最終日には夕食中に眠りそうに・・・
ウィーンでの白ワイン、そして、チェコでのビール、残念ながら頂けませんでした。

ホーフブルク (王宮)
ハプスブルク家歴代皇帝が居城としていた宮殿
s-CIMG3402.jpg
王宮礼拝堂
丁度日曜日だったので、ウィーン少年合唱団の歌声を聴きに行ったのですが・・・
合唱団はこのフロアの真上で歌っていたようで、歌声のみ拝聴させて頂きました。
s-CIMG3411.jpg
彼らの歌う姿はモニターで・・・
s-CIMG3413.jpg
モーツワルト像
冬だからか庭園に花が全くなく、お花のト音記号を期待していたのですが・・・
s-CIMG3417.jpg
ウィーン繁華街の町並み
s-CIMG3424.jpg
ウィーンで2番目に古いといわれているペーター教会
s-CIMG3425.jpg
天井画も素晴らしくとっても豪華な教会でした
s-CIMG3429.jpg
シュテファン寺院
大きすぎて上手く撮れていませんが、ゴシック様式の建物にモザイク屋根、
少し変わった姿の教会でした。
s-CIMG3430.jpg
塔に登って町並みと屋根を撮影
双頭の鷲はハプスブルク家の紋章です
s-CIMG3438.jpg
オペラ座
さすが’音楽の都’立ち見席を並ぶ先頭は、日本人の音大生さんでした。
この日の演目は’カルメン’観たかった!
ちなみに夫はウィーンが’音楽の都’って事を知らなかったらしく、
’どおりで楽器を持った人を良く見るなあ~’って思ったとの事。
そんなのぢゃ、3時間弱並んでカルメン観ようとは思わないかもですね・・・
s-CIMG3442.jpg
とは言え一応、オペラ座観光ツアー(日本語)に参加してきました。
DCで見かける日本人の数なんて比にならない程、日本人が沢山いました。
s-CIMG3444.jpg
市庁舎
ライトアップされ賑っていたので近づいてみると、
広いスケートリンクが併設されており、なぜだか滑る事になってしまいました。
大人になってスケートをした記憶はありませんが、
幼い頃に少しだけ教室へ通った成果が発揮され、夫よりも上手く滑る事が出来ました。
母に感謝!です。
s-CIMG3459.jpg
シェーンプルン宮殿
ハプスブルク家の夏の離宮だったところで、今は世界遺産になっています。
1000人もの使用人がいたという宮殿、とっても豪華な外観・内装・調度品の数々でした。
花が咲き誇る庭園を楽しみにしていたのですが・・・
s-CIMG3479.jpg
さすがに’音楽の都’、観光客向けの音楽会が、毎晩数箇所で開催されています。
ウィーン滞在4日目の夜初めて夕食を摂り、音楽鑑賞をしました。
s-CIMG3504.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<中欧の旅 -プラハ編- | ロッタのワシントン日記 | チェコプロジェクト>>
この記事のコメント
すごーい。ちゃんと合流できたのね。尊敬です。
前会った時に一人で行くと聞いてたから心配してました。
お料理教室といい、ロッタさんは着々と何でもこなして
たくましいです。
旅のお話、今度ゆっくり教えてくださいませ。
2009-03-16 Mon 13:36 | URL | tomocco #-[ 内容変更]
私なんかよりもお子様を持つママ達、ほんとに尊敬です。
何せいつも自分のことだけで精一杯ですから・・・

中欧の旅、ほんとに素敵でした。
おしゃべりしましょうね。
2009-03-17 Tue 04:59 | URL | ロッタ #-[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| ロッタのワシントン日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。