今まで福岡を一度も出たことがなかったロッタが驚きのアメリカ進出!これからどうなることやら・・・
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
欧州旅行(フランス編)
2008-09-10 Wed 23:18
次に、ロンドンからパリへユーロスター(1等)に乗って行きました。
当初の予定では夜行バスを使う事も考えていましたが、
(このバスはドーヴァ海峡を渡る時は、バスごと列車に乗り込むそうです)
ユーロスターの快適さと時間の短さ(約2時間半)の魅力と、
今後の旅程のハードさを考慮して体力温存策を選びました。
 パリ(4泊)-アヌシー(1泊)-アヴィニョン(1泊)-アルル(1泊)
パリでは丁度フランス出張中の夫の父と合流する事ができました。
また、週末であった事も幸いし、
パリの観光名所への案内や素敵なレストランへも連れて行ってくれました。
初めてフランスを訪れた私達にとっては、とっても強い味方でした。
義父様に感謝!でした。

ユーロスターでのお食事 
シャンパンやワインを沢山頂きましたが、飛行機の機内食みたい?
s-CIMG2544.jpg
パリ駅到着 寝起きです!
s-CIMG2546.jpg
パリ観光 後ろに見えるのはノートルダム大聖堂
s-CIMG2565.jpg
大聖堂の中
s-CIMG2555.jpg
丁度日曜のミサが行われていました。
s-CIMG2560.jpg
落ち着いた雰囲気のサン・ルイ島
右端に見える小さな教会へ入ってみました。
s-CIMG2566.jpg
外観のこじんまりした感じとは違い、素敵な教会でした。
s-CIMG2567.jpg
凱旋門
s-CIMG2568.jpg
凱旋門から放射線状に延びる通り
s-CIMG2569.jpg
エッフェル塔
s-CIMG2576.jpg
その塔へ、長蛇の列にめげず登りました。
s-CIMG2601.jpg
真ん中より少し上に凱旋門が見えます。
s-CIMG2600.jpg
モンマルトルの丘の上にあるサクレ・クール聖堂
s-CIMG2584.jpg
この丘を登る階段を使って、自転車レースが行われていました。
自転車で階段を上ったり降りたり、曲芸です。
s-CIMG2583.jpg
テルトル広場
モンマルトル村の役場があった所だそうですが、
今は画家・似顔絵描き・切り絵師達の絵が溢れる広場です。
s-CIMG2588.jpg
ルーブル美術館 
有名なガラスのピラミッド
s-CIMG2613.jpg
こんな人だかりの中で、’モナ・リザ’を観ました。
s-CIMG2622.jpg
セーヌ川の遊覧船に乗りました。
ノートルダム大聖堂-ルーブル美術館-オルセー美術館-エッフェル塔等、
名所を水上から眺める事ができ、素敵なクルーズでした。
s-CIMG2628.jpg
町のお店の番犬 
s-CIMG2612.jpg
モン・サン・ミッシェル
パリから片道4時間、かなり頑張って行って来ました。
これからの移動は主にTGVを使いました。
s-CIMG2669.jpg
中世、修道院として築かれて以来巡礼の地として栄えてきたが、
18世紀には牢獄として使われた歴史を持つところです。
また、普段は陸続きの修道院が、満潮時には孤立した島になることで、
神秘的な魅力のある所としても有名です。
s-CIMG2652.jpg
名物の巨大オムレツ
卵を泡立ててふっくら膨らんだオムレツは、軽い食感でシンプルな味でした。
s-CIMG2649.jpg
お土産コーナーで嬉しそうな夫
s-CIMG2665.jpg
スイス国境に近い町のアヌシー
街の雰囲気もスイス風、フランスにいながらスイス気分を味わいました。
遠くに見えるのは、アルプスの山々です。
s-CIMG2698.jpg
ヨーロッパで最も透明度が高い湖のアヌシー湖の遊覧船に乗りました。
湖畔に点在する村々や古城、とっても素敵でした。
s-CIMG2681.jpg
今度はアヌシー湖を足こぎボートで満喫
s-CIMG2705.jpg
’愛の橋’ 
名前に負けないくらい綺麗な風景です。
s-CIMG2701.jpg
中世の城壁に守られた古都、アヴィニョン
とっても居心地の良い小さな町でした。
法王庁宮殿前
s-CIMG2733.jpg
宮殿前広場からその周辺にかけては、
素敵なレストランやCafeがたくさんありました。
s-CIMG2735.jpg
あのミニトロッコに乗って、宮殿周辺の町並を散策しました。
s-CIMG2718.jpg
宮殿の上からの町並み
s-CIMG2725.jpg
’アヴィニョンの橋で踊ろよ、踊ろよ~♪’のアヴィニョン橋
完成当時は全長900Mの橋だったそうですが、
度重なるローヌ川の氾濫で途切れてしまっているとの事。
向こう岸の塔まで渡ってみたかった!
s-CIMG2748.jpg
アヴィニョンから列車で約30分ほどのところにあるアルル
ゴッホが住んでいた町として有名で、
ローマの遺跡を思わせるものが沢山あるとの事。
実は私達、中心町からかなり離れたところの宿しか取ることができず、
かなり苦戦して宿に辿り着いた為、あまり観光できなかったのです・・・
有名なゴッホの描いた’夜のカフェ’のモデルとなった所
今も変わらず残っています。 これだけは抑えました!
s-CIMG2755.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<欧州旅行(イタリア編) | ロッタのワシントン日記 | 欧州旅行(ロンドン編)>>
この記事のコメント
福岡から中村です。ご無沙汰しております。なかなか充実した日々を過ごされているようで何よりです。当方は、留学生活はすでに遠い幻となってしまいました。

しかし旦那さんは段々日本人離れした表情になってきましたね(笑)。若干、イタリア系の雰囲気が・・・
2008-09-15 Mon 21:28 | URL | 中村 #KzK5UqXY[ 内容変更]
中村 サマ
コメントありがとうございます。
お察しのとおり、夫は、イタリア人系に・・・
最近、白い短パンにはまっています。

夫より・・・
お元気でしょうか?
メール届きましたでしょうか?
2008-09-16 Tue 10:33 | URL | ロッタ #-[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| ロッタのワシントン日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。