今まで福岡を一度も出たことがなかったロッタが驚きのアメリカ進出!これからどうなることやら・・・
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ラフティング
2008-09-20 Sat 11:02
夫の学校のレクリエーション企画に参加してきました。
夫婦共にラフティング初体験です。
4時間コースというちょっと長過ぎる感はありましたが、
楽しい体験でした。

ラフティングといえば、急流下りのイメージを想像しますが、
ここは概ね穏やかでした。
穏やかという事は、もの凄くパドルを漕がねばならないという事です。
一つのボートに5人が乗り、(1人は係員)係員の指示により、
パドルを漕いだり休ませたり逆に漕いだり、かなりの重労働です。
とは言うものの、私は漕がずに楽をさせて頂いたのですが・・・
なぜなら、係員のお兄さんがパドルを持って来るのを忘れたので、
私のパドルを使っていたからです。
一緒に乗っている皆にはとっても申し訳なかったです。
が、翌日の筋肉痛と戦う夫を見ると、ヨカッタと思いました。
s-CIMG2913.jpg
休憩時間。
グッタリ・・・
s-CIMG2912.jpg
疲れていたはずですが、カメラを向けると微笑んでくれました。
s-CIMG2915.jpg




スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:9 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
コンサート
2008-09-17 Wed 23:29
’セリーヌ・ディオン’のコンサートへ行って参りました。
チケットの予約をしたのは、確か春頃だったかな?
まだまだ先の事だと思っていたのですが、
月日が過ぎるのは本当に早いものだと痛感してしまいました。
昨年末までの数年間、ラスベガスに滞在しショーをしていたセリーヌさん、
今年からツアー再開との事。
パワフルな歌声、鍛えられた身体、ハードな動きをしても息切れ一つ無く、
とても今年40歳だとは思えない、素敵なステージでした。
開始時間が30分以上遅れたにも拘らず、お詫びの一言も無かったのですが、
そんな事どうでも良くなってしまいました。
ステージ開始の頃 
ピンクのタイトミニのワンピースにて現れました。細い!
s-CIMG2896.jpg
アンコールにて、タイタニックを熱唱。
素敵でした。
s-CIMG2901.jpg
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
欧州旅行(イタリア編)
2008-09-16 Tue 04:50
次に、アルルからイタリア(ミラノ)へ向かいました。
欲張って、短期間に4都市周遊のハードな旅を計画してしまいました。
 ミラノ(1泊)-ヴェネツィア(1泊)-フィレンツェ(1泊)-ローマ(2泊)
ミラノでは夫クラスメイトのイタリア人のダニエリと待合せの約束をしていると、
彼の育った町’ベルガモ’(ミラノから約1時間程離れた所)まで、
車で連れて行ってくれ案内してくれました。
ダニエリに感謝!です。

ベルガモの町では、
前日がキリスト教に関する祝日だった為か、少しお祭りみたいでした。
でも、道路一杯にテーブルがずらりと並べられ、
皆が同じ物を食べてるというのは、少し滑稽に感じましたが・・・
s-CIMG2760.jpg
コッレオーニ礼拝堂
’ん!コルリオーネ?’映画ゴッドファーザーの由来はここからなのか?
夫は真剣に思ったらしいです・・・
s-CIMG2767.jpg
小高い丘にあるこの町は、
丘を上るにつれ古い町並みが残る素敵なところでした。
行きは歩いて丘を上り町並みを楽しみ、
帰りはミニロープウエイに乗って夜景も楽しみました。
s-CIMG2769.jpg
ミラノといえば、ドゥオーモです。
s-CIMG2790.jpg
階段を上って屋上へ行きました。
s-CIMG2774.jpg
スフォルツア城を通り抜けた公園で
s-CIMG2788.jpg
水の都 ヴェネツィア
一度訪れた人にはまた訪れたい所と思わせ、
まだ訪れた事のない人には一度は行ってみたい所と憧れを抱かせる所。
s-CIMG2816.jpg
夕暮れ時、歩き疲れてふと見上げるときれいだったので、パチリ撮影しました。
本当は’溜息の橋’を撮りたかったのだけど・・・
s-CIMG2799.jpg
少し寝坊してサン・マルコ広場へ駆けてつけてしまったところ、
やはり、もの凄い人だかりだった為、広場・寺院共に観る事を断念しました。
s-CIMG2806.jpg
その代わりヴァポレット(水上乗り合いバス)に乗って、
ムラーノ島へ行きました。
s-CIMG2821.jpg
ここは、ヴェネツィアングラスの島といわれ、
ガラス職人が多く住んでいるとの事です。
とっても穏やかで素敵な所で、
次にヴェネツィアに滞在する事があれば、この町にしたいと思いました。
s-CIMG2823.jpg
花の都 フィレンツェ
ルネッサンスの華やかりし時が今も残る町。
この町を代表する花の聖母教会・ドゥオーモのクーポラ(円天蓋)に上りました。
高さ90M・階段464段、離合するのも難しいほど狭く暗い階段、暑いし・・・
でも、この絶景は、上る価値アリです。
s-CIMG2830.jpg
そして、お隣のジョットの鐘楼にも懲りる事無く上ってしまいました。
こちらも階段です・・・(高さ84M・階段414段)
クーポラがあまりに近いので、こんなショットになってしまいました。
s-CIMG2842.jpg
ボーボリ庭園
眺めの良い広場からの町並みの眺望は、忘れ得ない物となるはずだ!
との、ガイドブックの言葉を信じて来たところ、
気が遠くなるほど広い公園でした。
s-CIMG2854.jpg
炎天下の中、歩いて・・・歩いて・・・
心地よい風の吹く、素敵な見晴らしの広場でした。
s-CIMG2855.jpg
アルノ川にかかる最古の橋’ヴェッキオ橋’
宝石店が立ち並ぶ名所です。
s-CIMG2858.jpg
永遠の都 ローマ
古代ローマの時代から歴史の舞台として様々な事が繰り広げられた町。
フォロ・ロマーノ 古代ローマの遺跡群
s-CIMG2868.jpg
パラティーノの丘 古代ローマの高級住宅地
s-CIMG2869.jpg
コロッセオ 円形闘技場
紀元前80年に完成したというこの闘技場、収容人員は約5万人以上とのこと。
s-CIMG2876.jpg
コロッセオ内部
s-CIMG2871.jpg
街頭では、こんなパフォーマンスの人がいました。
s-CIMG2881.jpg
トレヴィの泉
肩越しにコインを投げると再びローマに訪れる事ができる・・・
そんな事する余裕も無いほどの人だかりでした。
s-CIMG2882.jpg
スペイン広場のスペイン階段にて
s-CIMG2884.jpg
スペイン階段の上の眺めのよい広場からスペイン広場を臨んでみました。
s-CIMG2886.jpg

ロンドン-フランス-イタリア、全ての行程を無事に終え、
楽しかった!という事よりも、’終わった!’という、
達成感が強く感じられた旅ではありましたが、
夫婦共に忘れられない夏となりました。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
欧州旅行(フランス編)
2008-09-10 Wed 23:18
次に、ロンドンからパリへユーロスター(1等)に乗って行きました。
当初の予定では夜行バスを使う事も考えていましたが、
(このバスはドーヴァ海峡を渡る時は、バスごと列車に乗り込むそうです)
ユーロスターの快適さと時間の短さ(約2時間半)の魅力と、
今後の旅程のハードさを考慮して体力温存策を選びました。
 パリ(4泊)-アヌシー(1泊)-アヴィニョン(1泊)-アルル(1泊)
パリでは丁度フランス出張中の夫の父と合流する事ができました。
また、週末であった事も幸いし、
パリの観光名所への案内や素敵なレストランへも連れて行ってくれました。
初めてフランスを訪れた私達にとっては、とっても強い味方でした。
義父様に感謝!でした。

ユーロスターでのお食事 
シャンパンやワインを沢山頂きましたが、飛行機の機内食みたい?
s-CIMG2544.jpg
パリ駅到着 寝起きです!
s-CIMG2546.jpg
パリ観光 後ろに見えるのはノートルダム大聖堂
s-CIMG2565.jpg
大聖堂の中
s-CIMG2555.jpg
丁度日曜のミサが行われていました。
s-CIMG2560.jpg
落ち着いた雰囲気のサン・ルイ島
右端に見える小さな教会へ入ってみました。
s-CIMG2566.jpg
外観のこじんまりした感じとは違い、素敵な教会でした。
s-CIMG2567.jpg
凱旋門
s-CIMG2568.jpg
凱旋門から放射線状に延びる通り
s-CIMG2569.jpg
エッフェル塔
s-CIMG2576.jpg
その塔へ、長蛇の列にめげず登りました。
s-CIMG2601.jpg
真ん中より少し上に凱旋門が見えます。
s-CIMG2600.jpg
モンマルトルの丘の上にあるサクレ・クール聖堂
s-CIMG2584.jpg
この丘を登る階段を使って、自転車レースが行われていました。
自転車で階段を上ったり降りたり、曲芸です。
s-CIMG2583.jpg
テルトル広場
モンマルトル村の役場があった所だそうですが、
今は画家・似顔絵描き・切り絵師達の絵が溢れる広場です。
s-CIMG2588.jpg
ルーブル美術館 
有名なガラスのピラミッド
s-CIMG2613.jpg
こんな人だかりの中で、’モナ・リザ’を観ました。
s-CIMG2622.jpg
セーヌ川の遊覧船に乗りました。
ノートルダム大聖堂-ルーブル美術館-オルセー美術館-エッフェル塔等、
名所を水上から眺める事ができ、素敵なクルーズでした。
s-CIMG2628.jpg
町のお店の番犬 
s-CIMG2612.jpg
モン・サン・ミッシェル
パリから片道4時間、かなり頑張って行って来ました。
これからの移動は主にTGVを使いました。
s-CIMG2669.jpg
中世、修道院として築かれて以来巡礼の地として栄えてきたが、
18世紀には牢獄として使われた歴史を持つところです。
また、普段は陸続きの修道院が、満潮時には孤立した島になることで、
神秘的な魅力のある所としても有名です。
s-CIMG2652.jpg
名物の巨大オムレツ
卵を泡立ててふっくら膨らんだオムレツは、軽い食感でシンプルな味でした。
s-CIMG2649.jpg
お土産コーナーで嬉しそうな夫
s-CIMG2665.jpg
スイス国境に近い町のアヌシー
街の雰囲気もスイス風、フランスにいながらスイス気分を味わいました。
遠くに見えるのは、アルプスの山々です。
s-CIMG2698.jpg
ヨーロッパで最も透明度が高い湖のアヌシー湖の遊覧船に乗りました。
湖畔に点在する村々や古城、とっても素敵でした。
s-CIMG2681.jpg
今度はアヌシー湖を足こぎボートで満喫
s-CIMG2705.jpg
’愛の橋’ 
名前に負けないくらい綺麗な風景です。
s-CIMG2701.jpg
中世の城壁に守られた古都、アヴィニョン
とっても居心地の良い小さな町でした。
法王庁宮殿前
s-CIMG2733.jpg
宮殿前広場からその周辺にかけては、
素敵なレストランやCafeがたくさんありました。
s-CIMG2735.jpg
あのミニトロッコに乗って、宮殿周辺の町並を散策しました。
s-CIMG2718.jpg
宮殿の上からの町並み
s-CIMG2725.jpg
’アヴィニョンの橋で踊ろよ、踊ろよ~♪’のアヴィニョン橋
完成当時は全長900Mの橋だったそうですが、
度重なるローヌ川の氾濫で途切れてしまっているとの事。
向こう岸の塔まで渡ってみたかった!
s-CIMG2748.jpg
アヴィニョンから列車で約30分ほどのところにあるアルル
ゴッホが住んでいた町として有名で、
ローマの遺跡を思わせるものが沢山あるとの事。
実は私達、中心町からかなり離れたところの宿しか取ることができず、
かなり苦戦して宿に辿り着いた為、あまり観光できなかったのです・・・
有名なゴッホの描いた’夜のカフェ’のモデルとなった所
今も変わらず残っています。 これだけは抑えました!
s-CIMG2755.jpg
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
欧州旅行(ロンドン編)
2008-09-05 Fri 23:16
夫の受講しているオックスフォードプログラムが終了し、
その後2週間、ロンドン-フランス-イタリアと旅して参りました。

まずは、オックスフォードからロンドンへ行き2泊しました。
この町はオックスフォードとは違って、人が多く忙しいところです。
道が狭く道路が混雑しているにも拘らず、巨大公園(緑地帯)が点在しています。
公園でランチしたり、休息を取ったり、ジョギングをしたり、
とっても丁寧に手入れされた芝の公園は、人で賑っていました。

ウエストミンスター寺院
テムズ川のそばでビックベン(国会議事堂)と並ぶように建ち、
歴代王族が眠りダイアナ妃の葬儀も行われた教会です。
s-CIMG2397.jpg
寺院には中庭が数箇所ありました。
ここのお庭では毎週水曜日のランチ時に、コンサートが行われているとの事。
とっても日差しの強いお昼間でしたが、こんなに沢山の人が集っていました。
s-CIMG2396.jpg
ケンジントン・ガーデンズ内にあるケンジントン宮殿
チャールズ皇太子と故ダイアナ妃の住居でもあったとの事で、
ダイアナ妃の衣装なども飾られていました。
s-CIMG2505.jpg
とっても素敵なお庭でしたが、中には入る事が出来ないお庭でした。
s-CIMG2504.jpg
映画’ノッテイングヒルの恋人’の主人公(ヒュー・グラント)の本屋さん
s-CIMG2509.jpg
ノッティングヒル周辺を散策
アンティーク雑貨や日用品・食料品等色んなお店がズラリと並んでいました。
s-CIMG2516.jpg
何か変?面白いCafeを見つけました。
出窓ではなく、出テーブル?
s-CIMG2512.jpg
バッキンガム宮殿前での衛兵の交替式を見に行きました。
とにかく混雑するとの話を聞いてはいましたが・・・
s-CIMG2523.jpg
こんな人だかりでした。
s-CIMG2526.jpg
それでも頑張って、ここまで近寄ってみました。
s-CIMG2529.jpg
交替式を見終えてバッキンガムパレスパークを歩いていると、
こんなにキュートな2人に会い、記念に一緒に写真を撮ってもらいました。
s-CIMG2537.jpg
前回ロンドン滞在でお世話になった、ままきと食事をしました。
ままきへ・・・4人で撮った写真アップしてもいい?
アップの了解を得たので。
s-CIMG2520.jpg

別窓 | 未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| ロッタのワシントン日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。